できるだけ削らない治療

  • HOME
  • できるだけ削らない治療

日野新町歯科医院では、失ってしまった歯を取り戻すため、できるだけ体に負担に少ないを提供しています。
当院でご提案している「ヒューマンブリッジ」「3DR」という治療は、歯を失った際におこなう入れ歯やインプラント、ブリッジなどの治療に次ぐ新しい治療です。
隣接した歯を削る量を最低限とし、手術を行わずに歯を補う治療方法です。

ヒューマンブリッジ

ヒューマンブリッジを用いた治療について

日野市にある歯医者 日野新町歯科医院では、体への負担の少なく、なるべく削らない治療に力をいれております。

削る量をおさえた負担の少ない全く新しい治療法

*

歯科治療において、失ってしまった歯を補う治療については、インプラント・入れ歯・ブリッジの3つがあります。ヒューマンブリッジ治療は、ブリッジ治療に分類される比較的新しい治療です。

従来のブリッジ治療との違いは、支台歯といわれるブリッジ部分を支える為の歯を削る量が少なく健康な歯への負担が少なく治療をおこなうことができます。本来、ブリッジ治療では、歯を失ってしまった場所に隣り合う健康な歯を支台歯として活用します。その際、健康な歯のエナメル質を削る必要があり、歯の寿命を損なうリスクがあります。ヒューマンブリッジでは、エナメル質をほとんど削る必要がないため、負担なく装着することができます。

また、インプラント治療を検討されていた方で、全身疾患を理由に治療ができないと言われた方でもヒューマンブリッジが適用できるケースが多くあります。ぜひ、ご相談下さい。

特徴やメリットについて

体への負担が極端に低い

ヒューマンブリッジの大きなメリットとして、従来の治療方法に比べ、歯への負担が最小減にすることが可能です。歯の寿命に関わるエナメル質を削ることになってしまうのが、これまでのブリッジ治療のデメリットでした。ヒューマンブリッジも1部削る必要はありますが、装着するための小さなクボミを設けるのみなので、これまでよりも大幅に負担を抑えることが可能です。

神経を失わず残せる治療

これまでブリッジ治療では、隣合う歯を高さ合わせる必要があるため、その分削る部分が大きくなるケースもあり、場合によっては神経を抜いてしまう場合も存在します。神経を抜いてしまった場合、体への負担は大きく、将来的に歯を失うリスクもともないます。
ヒューマンブリッジについては、高さを合わせる必要はなく、クボミをつくるのみで対応ができるため、神経を抜く必要がありません。これは非常に大きなメリットになります。

インプラント治療ができないと言われた方でも対応可能

インプラント治療を検討されていた方で、全身疾患や骨が少なく治療ができないと言われた方でもヒューマンブリッジでほとんどの方は対応できる可能性があります。
※当医院では、インプラント治療もおこなっておりますが、外科手術により体のへの負担や持病を持たれている方のリスクを考慮し、場合によってはヒューマンブリッジ治療を推奨しております。一度ご相談下さい。

痛みを極力抑えた治療を実現

ブリッジ治療、インプラント治療では外科手術や歯を削る・神経を抜くなどの必要があるため、麻酔が必要になります。個人差により、麻酔の効果が薄くなってしまう場合には、痛みを感じてしまうリスクがあります。ヒューマンブリッジでは、麻酔をもちいての治療はおこないません。歯の削る量が少なく痛みが生じにくいため、麻酔が苦手な方、痛みを感じやすい方には非常に有効です。

インプラント治療に抵抗を感じられている方へ

インプラント治療を検討されている方でも、痛い・怖いなどのネガティブなイメージをお持ちだと思います。それに対し、ヒューマンブリッジでは、【手術が不要である】【神経を残せる】というメリットがあり、ネガティブなイメージなく、ストレスのない治療をおこなうことができます。

インプラントと比較し、低価格で治療が可能

外科手術などが発生しないヒューマンブリッジは、比較的費用を抑えたかたちで治療をおこなうことができます。そのうえ、インプラント治療やブリッジ治療のデメリットを払拭した優れた治療法です。

以下のような方に推奨しています。

  • インプラント治療やブリッジ治療を検討しているが、抵抗を感じる方
  • できるだけ歯を削りたくない方
  • 可能なだけ神経をこ残した方
  • 今後の治療をできるだけ短くしたい方
  • インプラントを検討していたが、何らかの理由で断られてしまった方
ヒューマンブリッジ インプラント ブリッジ 入れ歯
歯を削る量 ほとんど削らない なし 多く削る 症例による
歯のダメージ 少ない 少ない 症例による 症例による
手術の有無 なし あり なし なし
耐久性
綺麗に見える ×
保険適用 なし なし あり あり

ヒューマンブリッジ治療のデメリットについて

これまで主にメリットをお話していきましたが、デメリットも当然あります。
ヒューマンブリッジは、まだ新しい治療の為、症例の数がまだまだ集まってはいません。そのため、想定していないトラブルなどが発症するリスクはゼロではありません。

ヒューマンブリッジ治療の流れ

工程① 隣り合う歯にクボミをもうける

ほとんどの場合、麻酔を使わずに実施が可能ですが、装置をとりつけるために隣り合う歯に対し、エナメル質を削り、クボミをつけます。

工程② パーツを手前の歯に接着させる

手前の歯に対して、人工の歯を取り付けるためのパーツを装着します。
外からはパーツが見えないので、気づかれにくい設計になっています。

工程③ パーツを奥の歯に装着

手前の歯同様に、奥の歯についてもパーツを装着させ、人工の歯をとりつけます。
こちらも見えにくい構造のため、気づかれにくいものになっております。

工程④ 最後に人工の歯を装着

取り付けを終えた装置について、人口の歯を装着して処置が完了となります。

ヒューマンブリッジ治療について、少しでも疑問・ご相談などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

3DR

3DRのメリットについて

*

部分入れ歯などを使っている方で以下のお悩みはありませんか?

  • 使用している際に痛み、違和感を感じる
  • 入れ歯やブリッジなど、健康な歯に負担をかける治療は抵抗がある

3DRは顎の骨や健康な歯を削ることをせずにしっかりと義歯を固定することができ、嚙む力を自然の歯と同様に維持することができます。

噛む力をしっかりと再現が可能。

3DRは複数の歯で義歯を固定しているため、健康な歯への負担も最小限となり、噛む力も自然の歯と同様に再現することが出来ます。

装着時に違和感や痛みを感じにくい

金属素材を使い、強度が高い薄いものを使用することで装着時に違和感をあまり感じることがありません。密着させて固定するため痛みもありません。見た目にも築かれにくい構造になっています。

*

治療は比較的短期間で完了

3DRでは、インプラントの様な外科手術が必要なく、短期間で治療が完了できます。
虫歯は歯周病治療の必要が無ければ、【歯列の型取り】【歯科技工士が作成】【患者様が装着・調整】という流れで完了します。

簡易的なお手入れでOK

特に、特殊な洗浄などは必要なく、ご自身の歯と同様に歯磨きを行うだけでOKです。

耐久性があり長く使用できる

メインテナンスを継続的におこなうことで、劣化しにくく長期間の使用に耐えられる素材を使っています。安心してご使用下さい。

3DRのデメリットについて

  • 保険が適用されない自由診療となるため、保険診療と比べ高額になります。
  • インプラント、ブリッジと比べ固定力が弱いため、加える力が強いと外れるリスクがあります。

※外れた場合は、再度調整することが出来ます。

『ありがとうがあふれる病院』
『説明をしっかり理解していただける病院』を目指します。